blog index

しょこ日記 ver.2

〜しょこ日記@MEMORIZEから突如blog化して移行完了〜

感想・コメントなどありましたら、各日の下にどうぞ☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
世界にひとつのプレイブック
 2013/10/5@VOD

コメディの要素は…うーん?
一箇所だけ、ぶはっ、と笑ったところあったけど、あれたぶん
映画館で笑ったら顰蹙な感じだったと思う(そして何のところだったか今思い出せない程度)。

まぁ、お父さん(ロバート・デ・ニーロ)の行動が、登場人物の中でいちばんおかしいのに、誰もそれを止められない、っていう矛盾が、なんだか腹立たしかった。
賭け事しかしてないじゃん、それに息子に付き合え、ってゲン担ぎだからって、強いるのはおかしいんじゃないの、って…。

ティファニーもパット同様、病んでるはずだったけど、気がついたら、パットを立ち直らせる、それによってティファニーも、というところが、人って一人で生きてるんじゃないんだよねぇ、人によって生かされてるんだよねぇ、と思う。誰もが他人に必要とされたいもの。

原題は"Silver Linings Playbook"、silver liningsが希望の光、というような意味があるみたい。いい意味だねぇ。映画の中では、手紙に書かれていた「サインに気づけ」というほうが印象的なキーワードだった。2012年の作品。
| しょこ | えいが | 17:50 | comments(0) | - |
恋人たちの選択
 2012/5/6@DVD

Jon Bon Jovi出演作品。

サンフランシスコが舞台で、レズビアンがけっこう出てくる。
真剣に「わたし、やっぱりレズビアンかも」と悩んでしまう女の子が何人も。
この街の女の子は、アン先生により目覚めさせられる…?っていう。

しばらく、人間関係がよくわからなくて、わかってきたら、あー、なるほど、と。

よりを戻すの戻さないの、っていうところで、どうなっちゃうのー?と思った。
これは、ちょっと野次馬的心理でもあり、

誰に感情移入して見ればいいのかわからなかったのが残念。
アダム(タクシー運転手)、ケヴィン(バーテンダー:ジョン)、ニーナ(アダム→ケヴィン)、レベッカ(この街にやってきた)、ケイト(アダムの最初の彼女、アンに振られた)。
客観的に見れば良かった、ってことかしら。

原題は"Little City"。映画の中でも「狭い町だからな」って会話が出てきてたので。1997年の作品。
| しょこ | えいが | 12:19 | comments(0) | - |
イングリッシュ・ペイシェント
評価:
---
東芝デジタルフロンティア
¥ 4,800
(2002-09-27)
コメント:2012/2/12@DVD

 2012/2/12@DVD


| しょこ | えいが | 03:32 | comments(0) | - |
ニューヨーク、アイラブユー[DVD]
評価:
---
Amuse Soft Entertainment =dvd=
¥ 3,029
(2010-08-27)
コメント:2011/10/10@DVD

 ニューヨークが舞台のオムニバス映画。

最初、うっかりオムニバスっていうのをすっかり忘れてて、でもそれを忘れててても何だかどれも、どこか繋がっているような不思議な気分で見ていた。

10編のおはなし。

ナタリー・ポートマン、出演もしてたけど別作で監督やってたんだ。エンディングで、おさらいして(俳優の名前とか、あっそうだった、とか)スッキリした。日本人では、岩井俊二も参加。使った俳優が豪華すぎるし(オーランド・ブルームとクリスティーナ・リッチ)。でも、この話けっこう好き。カミーユかわいい。

かるーく、ゆるーく見る感じ。なんか、CMか何かを見るくらいの、そんなに残らない印象。

あ、そうか「パリ、ジュテーム」のNY編だったんだ。

2008年の映画、原題はそのままNew York, I Love You。
| しょこ | えいが | 10:02 | comments(0) | - |
目撃 [DVD]
評価:
クリント・イーストウッド,デヴィッド・バルダッツ
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 1,509
(2000-04-21)
コメント:2011/9/23@DVD

クリント・イーストウッド主演・監督作品。
原作があったようだけど、ちょっと愛のある良いお話という気がした。

ルーサー(クリント・イーストウッド)は泥棒で、サリバンの留守宅に忍び込み、
さて帰ろうか、というところに、サリバンの妻と男が帰ってくる。
その様子を目撃してしまい…という話。

男が大統領だった、って気づくの遅すぎじゃないか(国外脱出しようとしたとき)。
ルーサーの娘ケイト、家に父の気配が、っていうのもなかなか。
クリント・イーストウッドの、あの表情で淡々とすべてこなすところが似合ってる。
それに比べて、あぁ…エド・ハリスがちょっと軽い役なのが残念!エド・ハリス好きなのにー。

エンドロールで、あ、ジーン・ハックマンか。と…。誰だっけねぇ、と思ってた、この大統領。あはは。
随分な色ボケおじいちゃんじゃないの、まったく。

原題は
Absolute Power、1997年の作品。
| しょこ | えいが | 14:03 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Counter
Total
Today
Yesterday

bolg index このページの先頭へ